おかげさまで 茨城新聞は 創刊125周年
茨城新聞HP


MENU

トップページ
月間スケジュール
講演履歴
会場案内
エリアマップ
会規約
入会案内
入会申し込み
お問い合せ







 茨城新聞政経懇話会は、県内のトップ・リーダーの方々を対象に、目まぐるしく変動する国際情勢や国内の政治情勢、そして景気の見通しなどを速く正確に提供し、あわせて知的交流をはかることを目的としたものです。
 昭和43年に県都水戸を中心とした茨城政経懇話会の設立に始まり、同49年に日立、51年に県西、翌52年には鹿島にそれぞれうぶ声をあげました。57年には発展を遂げる県南に、また同年ご婦人を対象としたレディースサロンを設立。現在はその会員約360名を数えるにいたっております。





茨城新聞政経懇話会視察会

合同政経懇話会として下記の日程で3月に稼働を開始した東京ガスの日立LNG基地及び県北芸術祭の見どころを視察いたします。

  ◇日時 2016年10月4日(火)
  ◇集合 水戸プラザホテルもしくはホテルグランド東雲
  ◇視察
     東京ガス㈱日立LNG基地(日立港第5埠頭)
       世界最大級のLNG地上式タンク保有
     国民宿舎鵜の岬
       1989年以来、連続日本一宿泊利用率の高い国民宿舎でご昼食
       鵜捕獲場見学
     天心記念五浦美術館
       9/17~11/20まで開催の茨城県北芸術祭のメイン会場 



茨城政経懇話会10月例会

  
産総研首席研究員
岡村行信氏
茨城政経懇話会
◇日時 2016年10月7日 (金) ご昼食12:00~12:30
                      講演会12:30~14:00
◇会場 水戸プラザホテル  ℡029(305)8100
◇講師 産総研活断層・火山研究部門主席研究員 岡村行信氏
◇演題 「茨城県の大地震を考える」

【講師略歴】1980年名古屋大学理学研究科地球科学研究科前期課程修了。同年通産省工業技術院地質調査所海洋地質部採用。2001年産総研海洋資源環境研究部門海洋地質研究グループ長、09年同研究所活断層・地震研究センター長。12年より内閣府「首都直下地震モデル検討会」の委員。14年より現職。09年6月、原子力安全・保安院による福島第一原子力発電所の安全審査で、869年の貞観地震・津波安全対策の必要性を主張した。 









© THE IBARAKI SHIMBUN Co.,Ltd. All Rights Reserved.